« 札幌オオドオリ大学webサイトオープン | トップページ | 札幌オオドオリ大学学校説明会 »

2009年10月29日 (木)

エース・金山の「徹底検証!」第140回天皇賞(秋)篇

Img_0955

あの歴史的名勝負から早1年。20年に1回とも30年に1回とも言える激闘はまだ記憶に新しいところです。残念ながら2・3着馬が引退してしまいましたが、ウオッカが春も活躍し、夏も無事に越して再び秋に戻ってきました。

前走の毎日王冠は、”お約束”になった感がある逃げ負けを演じ、いささか不安感をあおっていますが、他馬との力の差は明らかであり、この一戦だけを取りあ げて「すわ!ウオッカ限界?」と言うのはナンセンスと言えるでしょう。と言うことで、◎はウオッカから行くことにします。

難しいのはその相手。なにせGⅠホースが8頭もいるだけに、目移りしてしまいます。その中から○に推したいのはやはりドリームジャーニーです。今年に入ってようやく本
格化した感があり、久々にGⅠも制覇。ディープスカイをスッパリ差し切った、あの瞬発力を見せられれば逆転も可能かもしれません。

▲は、宝塚記念組からサクラメガワンダーで。ディープスカイを差し置いて前走は2着を確保。7勝全てが1800〜2000㍍と典型的な中距離馬で、昨冬から成績も安定して
来ており、昨年の6着以上の活躍が期待されます。

×は思い切ってキャプテントゥーレで。もう少しで忘れかけてた昨年の皐月賞馬。前走で見事に復活。2,000mでどこまでやれるか未知の力に期待。

△は、カンパニー、エアシェイディ、エイシンデピュティの老練な3頭に(笑)。



エース金山の馬券(青の連単流しのマークカード)   
三連単    1着固定【ウォッカ】−2着(ドリーム、サクラ、キャプテン、老練3頭)
          −3着(ドリーム、サクラ、キャプテン、老練3頭)
    以上 30点

|

« 札幌オオドオリ大学webサイトオープン | トップページ | 札幌オオドオリ大学学校説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/32029652

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第140回天皇賞(秋)篇:

« 札幌オオドオリ大学webサイトオープン | トップページ | 札幌オオドオリ大学学校説明会 »