« バスで通勤してみた | トップページ | 歩いて通勤してみた »

2009年4月 7日 (火)

エース・金山の「徹底検証!」第69回桜花賞篇

Ca330043

まあ、確かにここ2戦強いレースを見せてるのでブエナビスタが圧倒的1番人気になることは予想できるが、果たして「競馬史に残る女傑(競馬ブック)」とまで言い切ってしまってもいいかとなると、それは桜花賞が終わるまでは待った方がいい気がする。

 どうしても脳裏をよぎるのが、同じスペシャルウィーク産駒のシーザリオが前を行くラインクラフトを捕らえきれなかった4年前のこのレース。2年前のウオッカもそう。前々でレースを進めた馬がそのまま行っちゃったという展開がけっこう多い。強いと言われた馬が出てきたレースにその傾向が強いのだ。
 で、今回は多少ムリヤリかもしれないがブエナビスタを○に下げさせていただき、◎をサクラミモザに打ちたい。前走はブエナビスタに残り50mで交わされ1馬身1/4の差をつけられたが、初芝のレースとしては上出来。むしろ後続をシャットアウトした粘りは既成勢力には見られない魅力。本番での逆転を期待して本命とする。
 ▲にはブエナビスタと闘っていない勢力からレッドディザイアを推したい。2戦2勝だが今回が重賞初挑戦となる。しかし、前走のエルフィンSで見せた豪脚はブエナビスタに負けずとも劣らない。勝つまでは難しいかもしれないが、上位争いには十分絡むと見た。
△には2頭を押さえる。先行組からフラワーカップを逃げ切ったヴィーヴァヴォドカ。トライアル組からは勝ち馬よりもむしろ2着のアイアムカミノマゴを。

●エース金山の馬券       
三連単    1着【サクラ、ブエナ】−2着【サクラ、ブエナ、レッド、ヴィーヴァ、アイアム】-3着【サクラ、ブエナ、レッド、ヴィーヴァ、アイアム】

|

« バスで通勤してみた | トップページ | 歩いて通勤してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/29015216

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第69回桜花賞篇:

« バスで通勤してみた | トップページ | 歩いて通勤してみた »