« 金髪豚野郎の高座を見た | トップページ | 邪悪なサザエさん「サザザさん」 »

2009年2月18日 (水)

エース・金山の「徹底検証!」第26回フェブラリーステークス篇

Ca330013

ダイワスカーレットが無事であれば、昨年の天皇賞(秋)にも負けず劣らずの激戦が予想されたが、残念ながら引退を発表。2009年初のGⅠ予想を、大変残念なニュースで始めなければならないことをとても遺憾に思う。近年では最も楽しみなドバイになったはずだったのに、興味が半減以下になってしまった・・・・。

とはいえ競馬は続く。女傑がいなくなったとしても、昨年の秋からのダート戦線の充実ぶりを楽しむことにしようか。

 G1昇格後のフェブラリーSで7歳以上馬が(0-3-2-41)と不振だというデータがある。イキのいい4、5歳にスピード負けして詰めを欠くためだという見方もあるが、果たして砂の最強世代といわれる現7歳勢にもそのデータが生きてくるのだろうか?

否、そうではなかろう。少なくとも◎カネヒキリにはそんなデータは関係ない。確かに昨年秋からの使い続けの状態で足元の爆弾は大丈夫なのかという不安はあるが、7歳にしては18戦と馬は若くて中間も疲れを見せていない。敢然と◎にしたJCダートの再現を期待。

○は思い切ってカジノドライブを推す。7歳勢に挑戦して厚い壁に跳ね返された馬はここでは要らないだろう。JCダートは調整で苦労した。ここで挽回を狙う。

▲はカネヒキリ不在時の王者とはいえ、他とは勝負づけが済んだウ゛ァーミリアンで。

●エース金山の馬券   
三連単    1着固定【カネヒキリ】−2着【カジノドライブ、ウ゛ァーミリアン】
         −3着【カジノドライブ、ウ゛ァーミリアン】

さあ!今年は当てるぞ!!!

Ca330012

あ、今日の夕食!写真撮るの忘れてた!
ってことで食べおわった鍋でした・・・。

Ca330021


|

« 金髪豚野郎の高座を見た | トップページ | 邪悪なサザエさん「サザザさん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/28142888

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第26回フェブラリーステークス篇:

« 金髪豚野郎の高座を見た | トップページ | 邪悪なサザエさん「サザザさん」 »