« 3年後のワタクシはどのような姿になっているのやら | トップページ | 庶民的なスターと共演? »

2008年12月 3日 (水)

エース・金山の「徹底検証!」第9回ジャパンカップダート篇

Ca330002

本家のジャパンカップは伏兵スピードヒーローの思わぬ快走で波乱となりましたがそれにつけても盛り上がりに欠けたレースでした。何といってもここ数年で顕著になってきている外国馬のレベルの低下が原因として挙げられるでしょう。いくら豪華な日本馬のメンツが集まったところで外国馬が参戦しなければジャパンカップの意味がありません。「競馬のオリンピック」というスローガンが薄ら寒く聞こえます。このままでは、「天皇賞(秋)と有馬記念の間にあるGⅠ」という以外に特に意味のないレースになってしまいます。世界の競馬地図の中のどのポジションにジャパンカップを置くのか? JRAには「戦略を持て!」と言いたいものです。

さて、ジャパンカップ以上に存在意義の危うくなってきているジャパンカップダートですが、今年も外国馬の参戦が3頭ポッキリという切なさ。逆に日本馬はかなり豪華なメンバーが揃いました。しかしメンツが揃えば揃うほど、逆にJCダートの位置づけの危うさが浮き彫りになる気がします。今年から、JCの1週後に日程が移動し、コースも阪神に変わりますが、根本的な問題点は解消できていません。こちらも戦略をもってJRAにはコトに当たってもらいたいものです。

 と、まあグチばかり言ってもしょうがないので、さっそく予想に入りましょうか。予想作業をしている際に気がついたのですが、今のダート路線の中心にいる馬達って6歳馬がなぜか多いのですが、これはいわゆるディープインパクト世代なんですよね。1番人気必至のウ゛ァーミリアンなんて皐月賞でディープと走っているし、カネヒキリもサンライズバッカスも同世代。この世代はなかなか侮れないですね。

 てことで、◎は長いブランクから復活してきたカネヒキリから行きたいんですよね。普通に考えれば絶好調のウ゛ァーミリアンから行くのが定石でしょうが、この馬も2年前はダート界の「絶対神」でした。前走はその面影も見られぬままでしたが、あれはあくまでも長期休養明けの「試運転」と考え、ここで不死鳥のように復活と考えます。

 ○は仕方ないのでウ゛ァーミリアン。とりあえず死角らしいところは見当たらない。強いて挙げれば阪神ダート未経験ということぐらいか。でも阪神は最近力のある馬が勝ち切るコースになってきているので、この馬には関係ないかと。

 あとは駆け足で。▲はフリオーソ。最近勝ち切れないが安定した走りはさすが今年の帝王賞馬。×は3歳馬サクセスブロッケン。来年はこの馬がダートの王者か?

△には未知の魅力カジノドライブと、穴としてボンネビルレコードを。

●エース金山の馬券   
三連単    1着固定【カネヒキリ】
          2着固定【ウ゛ァーミリアン】
            3着【フリオーソ、サクセス、カジノ、ボンネビル】×マルチ

|

« 3年後のワタクシはどのような姿になっているのやら | トップページ | 庶民的なスターと共演? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/25881017

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第9回ジャパンカップダート篇:

« 3年後のワタクシはどのような姿になっているのやら | トップページ | 庶民的なスターと共演? »