« 初音ミクと2冊の本と志ん朝の三題噺 | トップページ | 生まれて初めてのパートワークマガジン »

2008年10月13日 (月)

エース・金山の「徹底検証!」第13回秋華賞篇

Ca3300011

スプリンターズSは久々の的中でございました。一部では「代用馬券では?」という疑惑も持ち上がりましたが(笑)、とにかく今は当たるということが重要なので、これでいいのです!(キッパリ)

 さて、今年の3歳牝馬三冠レースの最終戦は、春から活躍している既成勢力が引き続き中心となりそうだ。オークスの上位10頭がすべて出てくるというのは喜ばしい限り。

 中心は◎トールポピーと見た。ご存知のとおり春のオークス馬。秋初戦の前走は久々ということもあってか6着と敗れたが、ここに来て毛づやや体の張りも良く、順調に乗り込まれている模様。上積みは十分に見込まれるし、いい脚を長く使えるタイプのこの馬には京都内回りも合っている。遺恨を残したオークスの汚名を晴らしたいところ。

 ○は、オディールで。もともと堅実な走りをするタイプで、9戦中掲示板を外したのは桜花賞の12着のみ。前走も久々ながら4着とこらえた。どんな流れでも対応できるのも大きな強み。トールポピー同様に前走からの上積みに大きく期待。

 ▲は、レジネッタで。割と軽視されたオークスで3着に突っ込んできて桜花賞馬の面目躍如を果たした。その後も順調に来ているが、前走の伸び負け分減点を。

 △は、トライアル勝ちのマイネレーツェル、桜・樫ともに入着のエフティマイア、ぶっつけも侮れないソーマジックへ。



●エース金山の馬券   
三連単 1着(トール、オディール)
       2着(トール、オディール、レジネッタ、マイネ、エフティ、ソー)
       3着(トール、オディール、レジネッタ、マイネ、エフティ、ソー)





|

« 初音ミクと2冊の本と志ん朝の三題噺 | トップページ | 生まれて初めてのパートワークマガジン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/24480656

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第13回秋華賞篇:

« 初音ミクと2冊の本と志ん朝の三題噺 | トップページ | 生まれて初めてのパートワークマガジン »