« あなたとわたしはむげんだい | トップページ | 沿岸バスがなんだか面白いことになっている件 »

2008年6月24日 (火)

エース・金山の「徹底検証!」第49回宝塚記念篇

Ca330094

さてさて、いよいよ春競馬(というか、もう夏競馬が始まってしまっているが)のオーラスとなる宝塚記念です。おかげさまで今年の前半はひとつも当たってません!勝ち馬に◎をつけたのは、ダービーのディープスカイのみというまったくもって如何ともしがたい結果です。なんとか春のグランプリだけでもスカッと当てて気持ちよ〜く「夏休み」に入りたいものです。今回は意外と悩まずにスッと印をつけることができた。

 その印の一番手に来るのが◎ロックドゥカンブだ。南半球産で遅生まれのため、斤量が1kg減の57kgになるという有利な点ももちろんあるが、初のG1挑戦となった菊花賞で負けてなお強しの3着となり、続く初の古馬挑戦となった有馬記念で4着とまたも大健闘。メイショウサムソンにも先着した。菊の3着があるので長距離に強いイメージが何となくあるが、実際は2200m以下のレース4戦全勝に対して、それ以上の距離には勝っていない。距離的にもちょうどいいところ。前走目黒記念は3着と敗れたが、もともと春の目標を宝塚記念においていたのでローテーション的には予定どおり。鞍上も今年はノリにのっている岩田だけに心配なし。勝てば英国のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSへの出走を検討しているということだけに、今回は圧勝するくらいのレースを見せてほしい。不動の本命だ。

 ○はメイショウサムソンで。サンケイ大阪杯の不甲斐ない負け方を見て、この馬ももう終わってしまったかと寂しい思いがしたものだが、どっこい春の天皇賞で見せた    アドマイヤジュピタとの叩き合いは圧巻だった。昨年もこのレースでアドマイヤムーンにしぶとく食い下がって2着に来ているだけに、実績的には申し分ない。距離短縮もプラスに出るはずだ。調教もいいようなのでまったく侮れない。

 ▲は、エイシンデピュティで。ここ数戦は中距離路線で安定した結果を残してきている。阪神も(2.3.1.1)と得意にしており上位の一角に入ってきてもおかしくはない。金鯱賞勝ち馬から宝塚記念を制す馬も、過去10年では春の天皇賞と同じだけに侮ってはいけない。

 ×はアルナスライン。菊花賞2着、目黒記念2着はダテではない。

 △は幅広くいきたい。まずはアサクサキングス。どうも大阪杯・春の天皇賞の負け方がよくないので評価を思いっきり下げた。続いてアドマイヤオーラ。京都記念の走りを再現したい。前走はドバイの疲れと見よう。最後はサクラメガワンダー。意外なことにメンバー中最大の阪神巧者(3勝をマーク)で侮れない。   

●エース金山の馬券   
三連単 1着固定(ロック)
         2着(サムソン、エイシン、アルナス、アサクサ、オーラ、サクラ)
            3着(サムソン、エイシン、アルナス、アサクサ、オーラ、サクラ)

|

« あなたとわたしはむげんだい | トップページ | 沿岸バスがなんだか面白いことになっている件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/21846125

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第49回宝塚記念篇:

» 2008 JRA GI RACE XI 「宝塚記念」 [Turf Watch]
 争点は春の天皇賞二着メイショウサムソン対同三着アサクサキングスを筆頭とする四歳 [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 00時31分

« あなたとわたしはむげんだい | トップページ | 沿岸バスがなんだか面白いことになっている件 »