« 「鬼ごろし」のモニターに応募してみる | トップページ | 明日から上海。 »

2007年11月22日 (木)

エース・金山の「徹底検証!」第27回ジャパンカップ&第8回ジャパンカップダート篇

Feature_photo_04

当年の凱旋門賞馬が出走!と期待が高まったが、結局馬インフルエンザの影響で出走回避となんともしまらないことになってしまった。おかげで外国馬もひどく 見劣りし、ジャパンカップの権威失墜ぶりが顕著になってきている。今年で27回目を迎えるが、そろそろ世界の競馬地図におけるJCの存在意義について真剣 に考えた方がよろしいのかと思う。本紙本多が力説しているように今は香港に実力馬が集まっている。ひとつの有力なモデルとして学べることもあるだろう。 JCの懐かしいキャッチフレーズである「競馬のオリンピック」も今や虚しく聞こえてくる今日この頃、皆さんお元気ですか?

さて、そんな偉そうなこと言ってないでとっとと予想しちゃいましょう。今回の◎にはアドマイヤムーンを指名します。宝塚記念でメイショウサムソンを破ったばかりか、ドバイで国際GⅠを制覇し、香港でも好勝負を演じた。すなわち国際レースでの実績はメイショウサムソンを上回っている。秋の天皇賞は久々で不利もあった。十分上積みが期待できる。

○はポップロック。天皇賞は際立つ脚で追い込んできていた。今回は距離が伸び、しかも東京コースでは目黒記念を連覇しており、好勝負に期待。

▲は外せないメイショウサムソン。秋天は馬が変わったのかと思うほど勝ち方が鮮やかだったが、やはりどうもいまいちこの馬信用できない。

×は半信半疑ながらウォッカ。△は昨年2着のドリームパスポートと押さえておこう。

●エース金山の馬券    (ジャパンカップ)
三連単    1着(アドマイヤ・ポップ・サムソン)
          2着(アドマイヤ・ポップ・サムソン・ウォッカ・ドリーム)
          3着(アドマイヤ・ポップ・サムソン・ウォッカ・ドリーム)

変わって土曜のメーンはジャパンカップダート。近年は「国際レース」とは名ばかりで、単なる国内のダートレースに成り下がっている。来年からは時期と場所を移すらしいが、根本的な解決になっているかどうかは疑問だ。ま、いろいろと考えどころですね。

さて予想ですが、このレースはちょいと大胆にいきますよ。◎には思い切ってダート転向初戦となるフサイチホウオーで! ご存知の通りダービーで1番人気に推されたように絶対能力は高い。東京コースは3勝と得意にしており、ローテーションも休み明け3戦目と不安なし。しかも距離も問題ない。ジャングルポケット産駆はダート転向で一変した例が多く、ここらで見事な復活劇を見せてほしいところ。そうそう、しかも鞍上はペリエだしね!

○は、ブルーコンコルドで。今年は、交流GⅠを中心に比較的安定した成績を残しており、実績ではメンバー中NO.1と評価できる。距離的には若干長い感があるが、地力を発揮してくれるのでは。

▲は一番人気必至のウ゛ァーミリアンで。前走のJBCクラシックでは圧倒的な強さを見せ、ここでも好勝負をするだろうが、なぜか東京は馬券に絡んでいない・・・・。

×はサンライズバッカスで。年頭のフェブラリーSでGⅠを制覇したものの、その後は鳴かず飛ばず。思い出のコースでの復活劇に期待。

△は上がり馬ドラゴンファイヤーを押さえるということで。

●エース金山の馬券(ジャパンカップダート)
三連単    1着(フサイチ)
               2着(コンコルド、ウ゛ァーミリアン、サンライズ、ドラゴン)
               3着(コンコルド、ウ゛ァーミリアン、サンライズ、ドラゴン)

|

« 「鬼ごろし」のモニターに応募してみる | トップページ | 明日から上海。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/9063316

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第27回ジャパンカップ&第8回ジャパンカップダート篇:

« 「鬼ごろし」のモニターに応募してみる | トップページ | 明日から上海。 »