« むひひひ、帳尻炸裂!!! | トップページ | うちのチームの2007年問題スタート »

2007年10月19日 (金)

エース・金山の「徹底検証!」第68回菊花賞篇

071019ke20071019081_mde00297g071018

さてさて、通常は3歳牡馬の3冠最終戦として非常に盛り上がる菊の舞台ですが、なぜか今年は「終わった感」が強い。なんといってもダービー馬が先週走っちゃってるし、そのダービー馬が桜花賞馬に負けちゃうし。てことは秋華賞馬が3歳世代最強馬ってことかい?って展開です。馬の世界も女性上位のようですな。

さて、この春の波乱続きのGⅠ戦線を見せつけられたし、秋も力のある主役不在だけに、いやな予感もしないではないが、ここは4頭に絞って予想してみた。       
◎はダービ−2着のアサクサキングスでいってみたい。前走の神戸新聞杯では勝ち馬の決め手に屈したが、最後までしっかり伸びて2着を確保した。10kg減の馬体だったし、上積みが十分期待できる。以前よりスタートがよくなり、スッと好位につけられるようになったように成長が見られる。自分の形に持ち込めば簡単に押し切ることもありと見た。   

○はヴィクトリー。相変わらず折り合いが課題にはなるが、皐月賞の時にも見せた能力の高さと勝負根性は実証済み。前走も敗れはしたが控える競馬でも結果を残せたのは好材料。調教では掛かるような気難しいところも見せてないようで、気性面の成長も著しい。春のような驚きの激走を再現できると見た。

▲は上がり馬からアルナスラインを指名。古馬に混じって京都大賞典3着を評価したい。       

×はドリームジャーニーで。一瞬の切れ味は魅力的。京都外回りで持ち味を活かすと見た。       

以上4頭のBOXで勝負したい。       

●エース金山の馬券       
三連単BOX   (アサクサ、ヴィクトリー、アルナス、ドリーム)

|

« むひひひ、帳尻炸裂!!! | トップページ | うちのチームの2007年問題スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/8511941

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第68回菊花賞篇:

« むひひひ、帳尻炸裂!!! | トップページ | うちのチームの2007年問題スタート »