« ひっさしぶりに野球をしてみる | トップページ | ケガがなくてよかったよ »

2007年6月18日 (月)

エース・金山の「徹底検証!」第48回宝塚記念篇

2007061800000023spnspothum000

はっきり言うが、ウォッカの宝塚記念出走は暴挙である。この出走決定を非常に残念に思っていることをお伝えしておきたい。秋の凱旋門賞制覇に向けて、昨年のディープインパクトと同じ轍を踏んでほしくないのだが、いまさら言ったところでしょうがない。すっきりと勝って文句を言わせずにフランスに旅立ってほしいものだ。

ウォッカの出走のおかげもあってか、宝塚記念が例年にない盛り上がりを見せそうだ。春秋の天皇賞勝ち馬に、海外GⅠホースが3頭。26年ぶりにダービー馬も顔を揃える。初のフルゲートでの開催になりそうだ。まさに歴史を塗り替えるレースにふさわしい。

ということで、◎はウォッカ。ダービーの時は○評価で馬に申し訳ないことをしてしまったが、ここはすっきりと勝ってもらいたい。牡馬だ牝馬だということはひとまず置いておいて、歴代3位のタイムでダービーを勝った馬が51kgの斤量でレースに出てくることは素直に有利だろうと判断した。

○は好調ポップロックで。有馬記念で2着に食い込んだあと、海外も含めて2戦消化したが、大崩れすることなく堅調なレース振り。阪神は(3.0.2.1)だし、中山も有馬2着があり、直線に坂のあるコースが合うようだ。一線級相手でもヒケをとらない内容になってきた点を評価したい。

▲はダイワメジャーで。このメンバー最上位の実績を持っていることは間違いないが、勝ち鞍のすべてが2000m以下で挙げたものであり、あと1ハロンをどう乗り切るかが課題。しかし、本格化した今なら阪神の2200mなら克服可能と見る。

ここからは駆け足で。△押えは2頭で。
海外帰りのアドマイヤムーンとレベルが低いながらも天皇賞を勝ちきったメイショウサムソンで。

●エース金山の馬券   
三連単    1着(ウォッカ)
         2着(ポップ、ダイワ)
              3着(ポップ、ダイワ、ムーン、サムソン)

|

« ひっさしぶりに野球をしてみる | トップページ | ケガがなくてよかったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/6833896

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第48回宝塚記念篇:

« ひっさしぶりに野球をしてみる | トップページ | ケガがなくてよかったよ »