« 平岸の浪漫堂で本を売る | トップページ | エース・金山の「徹底検証!」第57回安田記念篇 »

2007年5月27日 (日)

お見事!ウォッカ。64年ぶりに牝馬がダービーを制す。

20071_3

てことで、ウォッカが快挙を成し遂げました。1943年のクリフジ以来、64年ぶりの牝馬による日本ダービー制覇となります。4日前の予想で、「勝ちはなくとも見せ場をつくることができる」と書きましたが、それ以上の結果を残しました。完全に脱帽です。

では、ダービー振り返りましょうか。

1着 ○ ウォッカ
2着 無 アサクサキングス
3着 無 アドマイヤオーラ
4着 無 サンツェッペリン
5着 無 ドリームジャーニー
6着 △ ゴールデンダリア
7着 ◎ フサイチホウオー
9着 × ヴィクトリー
11着 ▲ タスカータソルテ
13着 △ ローレルゲレイロ

ウォッカ以外はお話になっておりません。この春の大荒れ傾向がついにダービーにまで波及しました。1番人気が9年連続連対していたダービーでさえも、1番人気が大きく吹っ飛び、ついに3連単2,155,760円が出てしまった。あの皐月賞よりもデカイよ。

記録的にいうと、ダービーの父(タニノギムレット)娘制覇も史上初。勝ちタイム2分24秒5は、キンカメ・ディープに次ぐ3番目の好タイム。皐月賞馬が惨敗(と言ってもいいでしょう)したのも、平成元年(ウィナーズサークル)のドクタースパート(14着)以来ですかね。と思ってたら、ノーリーズン(02年)もいたなあ。あの馬もダービーは8着だった。

しかし、わたしら幸せですね。2年連続三冠馬は見たし、ジャパンカップで世界の強い馬もある程度見られるようになったし、サンデーサイレンスの快進撃も見たし、海外で日本馬が勝つのもある程度(本場はこれからだけどね)見られたし、挙句の果てにクリフジ以来の牝馬のダービー馬も見ることができたのだから。よく考えると、クリフジがダービー勝ったのって、うちの父親が生まれた年(昭和18年)ですよ!

ウォッカにはぜひとも凱旋門賞に挑戦してほしい。ここで昨年のディープインパクトの挑戦が役に立つと言うもの。昨年の轍を踏まずに、宝塚記念なんか使わないで早めにヨーロッパに行って、現地の水に慣れさせて万全の体制で臨んでほしい。牝馬なら54kgで出られるしね。

来週は、春のG16連戦の最終戦である安田記念。この春は勝てる気がしません。もうこうなったらとんでもない大穴馬券で勝負に出ようかと思っております。乞うご期待!

|

« 平岸の浪漫堂で本を売る | トップページ | エース・金山の「徹底検証!」第57回安田記念篇 »

コメント

トラックバックありがとうございます。
競馬のレース結果については、
ひとそれぞれいろんな感想があると思いますが、
個人的な意見としては、
ダービーと有馬記念くらいは、当たり外れ抜きにして、
好きな馬を応援するのが一番いいんぢゃないかと思います。

投稿: kuraokiya | 2007年5月28日 (月) 15時46分

まず1番人気のフサイチホウオーは、複勝圏は、はずさないだろうと考えてたわけだし、ヴィクトリーってラジオN杯でフサイチの2着だったわけで実は、結構強いぞ・・というわけで、この2頭をはずした馬券は考えられずに、穴目で、ゴーレデンダリアやヒラボクロイヤルなどを買って、当然、予想は、はずしました。
が、どういうわけか、馬券は、ドールデンダリアとヴィクトリーの馬連を買ったときに、2-8の枠連も押さえで購入。
結果、代用馬券の枠連が当って、馬券代はプラス回収に!!
複雑な心境です。

投稿: なかちょ | 2007年5月28日 (月) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/6570165

この記事へのトラックバック一覧です: お見事!ウォッカ。64年ぶりに牝馬がダービーを制す。:

« 平岸の浪漫堂で本を売る | トップページ | エース・金山の「徹底検証!」第57回安田記念篇 »