« お葬式に行ってきました。 | トップページ | エース・金山の「徹底検証!」 第67回皐月賞篇 »

2007年4月 6日 (金)

エース・金山の「徹底検証!」 第67回桜花賞篇

2007040400000017spnavihorseview000

さてさて、JpnⅠという奇妙な格付になって最初の桜花賞です。JpnⅠと書いて「ジーワン」と読むそうです。なんかヘンですね。JRAというのは何かにつけネーミングのセンスは良くないですな。

そんなことはさておき、昨年の阪神競馬場改修後初の桜花賞。以前のトリッキーなコースではなく、紛れのない展開が予想される。つまり強い馬が実力どおりのレースを見せてくれると期待できる。

となれば、本命はやはり◎ウォッカでいきたい。本番と同じ阪神外回りのマイルは負けなし。前走もダイワスカーレットとの初対決が注目されたが、着差以上に強い勝ち方を見せてくれた。好位で運んでも33秒台の脚が使えるのであれば死角はほとんど見つからない。初年度産駆となる父タニノギムレットに早くもクラシックタイトルをプレゼントするのは間違いない。

○には前走ウォッカには敗れたものの、他馬とは力の違いを見せ付けたダイワスカーレットを。楽に前にいけるスピードがあり、なおかつ3戦連続して上がり33秒台の脚を使えるように追ってからもしっかりした走り。勝負根性もあって並ぶとしぶとい。ウォッカがいなければ断然の本命といっても過言ではない。今年はこの2頭で前走のようなマッチレースを期待したい。

2強は堅い。あとはすべて押え△ですな。

潜在能力は高いと思われるがやはり距離が若干短いと懸念されるアストンマーチャンと、朝日杯とコンマ3秒差のひいらぎ賞が秀逸なカタマチボタン、そしてイクスキューズで。

●エース金山の馬券   
三連単    1着(ウォッカ)
              2着(ダイワ)
              3着(アストン、カタマチ、イクス)
以上3点

|

« お葬式に行ってきました。 | トップページ | エース・金山の「徹底検証!」 第67回皐月賞篇 »

コメント

桜花賞ですねー、クラシックG1の初戦。
ウォッカの1強状態ですね。
アストンマーチャンは、オークスはどう考えても難しいだろうから、ここが絶対の勝負じゃないかと・・清水成駿はコメントしてます。なるほど~って思いつつ・・・

さて、穴にはクイーンC組の2頭を3着付けで

投稿: なかちょ | 2007年4月 8日 (日) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/6000343

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」 第67回桜花賞篇:

« お葬式に行ってきました。 | トップページ | エース・金山の「徹底検証!」 第67回皐月賞篇 »