« もうちょっとなんとか・・・ | トップページ | 行者葫、またの名をアイヌ葱、もしくはヒトビロ。 »

2007年4月29日 (日)

後出しジャンケンで天皇賞を振り返る。

20071_1

すっかり天皇賞(春)の原稿をアップできずにおりました。結果も出てしまってますが、一応後出しジャンケンで予想を披露しながら、レースを振り返ります。

レースの4日前に書いていた予想は以下のとおり。

さて、ドリームパスポートのリタイアにより、ある意味どの馬が勝ってもおかしくない戦国レースといえましょう。2年前のスズカマンボが勝った時くらい難しいかもしれません。

そんな中◎に推したいのは、トウカイトリック。逃げから追い込み馬に転身し、前々走のダイヤモンドSで初の重賞制覇。前走阪神大賞典は惜しくもアイポッパーの3着に敗れたもののクビ差の3着まで追い込み、距離適正の高さを見せた。GⅠ挑戦は昨年のこのレース以来2回目とキャリア不足は否めないが、充実の5歳馬の勢いを買いたい。

○はデルタブルース。正直この馬に印をつけてあまりいい目を見たことはないし、メルボルンCを勝ったとはいえ日本ではパッとしない。瞬発力が弱いのでレース展開の向き不向きがあるのも承知の上で、今一度本来の末脚が生きる展開を期待して対抗に。

▲はアイポッパー。ここ最近長距離路線で2連勝。一昨年のこのレース3着の実績もあり、実力は証明済み。7歳の春とあってここがラストチャンスといえるだろう。運があれば逆転も望める。

×にメイショウサムソン。前走のサンケイ大阪杯は「復活」といえるのかもしないが、メンバー的にいっても接戦というよりは余裕を感じるくらいの勝ち方をしてほしかった。まあ、それが彼の勝ち方ではあるが、今回は中心視するまでは危険と見て×評価。心情的には彼に強い勝ち方で勝ってほしいが。

△には、好調マツリダゴッホと忘れちゃならない天皇賞2着のスウィフトカレントを。

って感じでした。スウィフトカレントは結局出走しておりません。

そして、結果は以下のとおり。
1着 × メイショウサムソン
2着 無 エリモエクスパイア
3着 ◎ トウカイトリック
4着 ▲ アイポッパー
5着 無 トウショウナイト
11着 △ マツリダゴッホ
12着 ○ デルタブルース

ってことで、◎に推したトウカイトリックが最終盤に伸びて一応の見せ場は作ったけれど、メイショウサムソンらしい勝ち方と、あわやの脚を見せたエリモエクスパイアで決着。デルタブルース・アイポッパーは、井崎脩五郎も言っていたように年齢的なものでしょうかね。

GⅠ連敗記録も継続中です。なんか最近馬券が獲れる気がまったくしません。なんとか連敗地獄を脱出したいものです。とほほ。

|

« もうちょっとなんとか・・・ | トップページ | 行者葫、またの名をアイヌ葱、もしくはヒトビロ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/6251632

この記事へのトラックバック一覧です: 後出しジャンケンで天皇賞を振り返る。:

« もうちょっとなんとか・・・ | トップページ | 行者葫、またの名をアイヌ葱、もしくはヒトビロ。 »