« 「芸術起業論」読みました。 | トップページ | お葬式に行ってきました。 »

2007年3月25日 (日)

エース・金山の「徹底検証!」第37回高松宮記念篇

10005829565_s

大変久しぶりのエントリーです。しかも出走直前の書き込みで恐縮です。

33頭とものすごい数の馬が登録してきたが、正直GⅠと呼ぶにはちょっと寂しい顔ぶれであることは否めない。現状では日本のスプリント界のメンバーはかなり層が薄いといえる。そうなると世代交代による新しいヒーローの登場か、もしくは別路線組のスポット参戦による好走という2つのパターンが考えられるのでは?

今回◎に推したいのは後者の代表格といえるマイネルスケルツィである。充実の4歳であり、GⅠマイルCS4着とそれなりのメンバーの中でもある程度実績を残している。このメンバーの中では最上位に来るだろう。スプリント路線へは進まないであろうが、能力的にいってアッサリ勝ってしまうことも充分ありうるだろう。

○には古株組からシーイズトウショウを。スプリントGⅠの挑戦はこれが7回目で、昨年のこのレースは3着と健闘。また過去7勝はすべて中京・函館・小倉と平坦コースのみ。これだけ条件が揃えばついに初GⅠ制覇!と言いたいが、香港遠征からぶっつけというところが気になり評価を下げた。

▲はプリサイスマシーン。8歳馬ながら状態の良さが光り、ここ半年でスワンSと阪急杯(1着同着)を制してきた。阪神Cも前が塞がる不利を受けながらもしぶとく2着。目下の充実振りを評価して。

×にはエムオーウィナー。唯一世代交代による新しいヒーローになり得る候補(6歳だけど)であるが、一気のメンバー強化でここは様子見と行く。

押え△は、1200m初挑戦も末脚の鋭さNO.1と目されるスズカフェニックスでいきたい。

●エース金山の馬券    三連単
1着(マイネル、トウショウ)-2着(マイネル、トウショウ、プリサイス、エムオー、スズカ)-3着(マイネル、トウショウ、プリサイス、エムオー、スズカ)  以上24点

|

« 「芸術起業論」読みました。 | トップページ | お葬式に行ってきました。 »

コメント

ご無沙汰しています、久々の予想、拝読しました(^_^)v
高松宮杯、mixiのほうに予想を書いておきましたが、春シーズンのG1初戦。幸先良く、当てることができましたよ~
(@^^)/~~~
万馬券というおまけつきで!!

投稿: なかちょ | 2007年3月25日 (日) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/5810489

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」第37回高松宮記念篇:

« 「芸術起業論」読みました。 | トップページ | お葬式に行ってきました。 »