« あらら、摘発されちゃったのね「団地妻」 | トップページ | 勝負に勝って、試合に負けたってところでしょうか。 »

2006年11月 8日 (水)

これです、これ。この積み重ねが必要なんです。

0611071107sokuho0382_mde00121g061107t

一足遅いエントリーですが・・・。デルタブルースが豪州GⅠメルボルンカップでアジア調教馬初の優勝を飾りました。しかも2着も日本馬ポップロック。これは歴史的な快挙ですな。

ディープインパクトが凱旋門賞で3着に破れ、「あのディープでもダメか・・・」という雰囲気が流れていますが、あのレースでもっとも残念だったのは武豊があまりにもヨーロッパをナメ過ぎていて、ディープ本来の力を引き出さずに終わったことです。あの乗り方では本来の力をはかる物差しとはなりえませんでした。結果として今後の日本馬のヨーロッパでの勝ち負けの可能性がどこまであるのか、まったく分からなくなってしまったのが一番の問題ではないかと思います。

岡部幸雄氏が中継でも話していましたが、海外のレースでは「様々なことが起きる」可能性があり、それを今後の日本競馬界のノウハウとして残していく責任があったはず。図らずも薬物問題で「様々なこと」の一端がいびつな形で露呈しました。

ディープインパクトでも負けてしまったのなら、他の馬では勝負にならないと日本馬が遠征を手控えるようになってしまうのが一番のダメージです。しかし、本当に日本馬が海外で勝っていくためには、誤解を恐れずに言えばどんなレベルの馬でも海外に積極的に打って出て、負け続けたとしてもそのノウハウをどんどん残していくことが重要です。

そういう意味では、今回の快挙はくさい言い方ですが「やればできる」という印象を与えた点でディープインパクトの凱旋門賞出走よりも意義がある出来事です。デルタブルース、ポップロック両馬のスタッフには、最大級の賛辞を送って迎えるべきでしょう。

そして、レース自体も見ごたえのあるものでした。久々に23頭立てという多頭数のレースを見ましたが、迫力満点ですぞ。

さっそくYou tubeで見ていただきましょう! → こちら

|

« あらら、摘発されちゃったのね「団地妻」 | トップページ | 勝負に勝って、試合に負けたってところでしょうか。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/4116493

この記事へのトラックバック一覧です: これです、これ。この積み重ねが必要なんです。:

» 豪・メルボルンC デルタブルース1着 ポップロック2着 [from derby to derby]
つい先ほど、オーストラリアでメルボルンCが行われ、 デルタブルース1着、ポップロック2着の日本勢ワンツーフィニッシュを決めた。 メルボルンC 1着 デルタブルース 2着ポップロック レースは見た限りではかなりのスローペースの展開になった。 デルタブルースはスタートが良く、そのまま先行集団につけてレースを進め、 ポップロックは中段につける。 そのままの態勢で3コーナー過ぎまでレースが進み、ここでデルタブルースが動く。 4コーナーではデルタブルースが先頭に立ち、直線でリードを広げ... [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 14時21分

« あらら、摘発されちゃったのね「団地妻」 | トップページ | 勝負に勝って、試合に負けたってところでしょうか。 »