« 上方も守備範囲です。 | トップページ | ハイ。ワタクシのワールドカップが終了しました。 »

2006年6月22日 (木)

エース・金山の「徹底検証!」  第47回宝塚記念篇

Photo_13

さて、春シーズンの悼尾を飾る(ホントか?)
宝塚記念でございます。
以前の、ダービーの次々週って時期だったら
それも実感があったのですが、今のこの時期
じゃあ、春というより夏の開幕って感じですね。

実はついさっきまで知らなかったのですが、
三冠馬が宝塚記念に出走するのはシンザン                        
以来41年ぶりとなるのですね。そういわれて
みればブライアンもルドルフもシービーも                        
宝塚記念を走った記憶がありません。シンザン
以来2頭目となる三冠馬の宝塚記念勝利                        
(シンザンが勝った当時はグレード制もなく、
八大競争ではなかったため「5冠」の中に                        
カウントされていない)に向けて
◎ディープインパクトっちゅうことでいいですか?

 ○ですが、これも天皇賞でのレース振り、
京都外回りコースの適正、鞍上との相性から                        
考えてリンカーンで磐石でしょう。なにせ天皇賞
では3着以下に5馬身つけて、従来のレコードより
0秒4早いタイムで走っているのだから相手が
悪すぎたとしかいえない。

ここまで1着2着が磐石と思われるレースも
非常に珍しい。ここで予想を終わっても                        
いいのだが(笑)、いちおう先を続ける。
以下はすべて△。▲も×も必要ない。

△1番手はアイポッパー。この馬も京都外回りは
非常に高い適正を誇っている。                        
息の長い末脚が持ち味で、坂の下りを利用して
加速できるのだろう。ただし道悪が天敵。

△2番手は、初GⅠを海外で飾ったコスモバルクに
敬意を表してつけましょう。一応2200mのJRAレコード
(2分10秒1)を持っているのであながち軽視できないが、                        
シンガポールでの血液検査騒動の影響が読みきれない分
評価を下げた。

ま、この4頭に印をつけておけばいいでしょう。
あ~あ、面白くもなんともない予想。                        

               

●エース金山の馬券                        
三連単    1着固定【ディープ】
       2着固定【リンカーン】                   
         3着【アイポッパー、コスモバルク】            

|

« 上方も守備範囲です。 | トップページ | ハイ。ワタクシのワールドカップが終了しました。 »

コメント

うーん、予想を楽しむというレースでは、ないですね~
ただ週末は、雨の予報。馬場がやや重以上に悪化した場合ですが・・・
跳びの大きいディープにはちょっと唯一の死角になるかもしれません。

投稿: なかちょ | 2006年6月22日 (木) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上方も守備範囲です。 | トップページ | ハイ。ワタクシのワールドカップが終了しました。 »