« 開高健記念館で特別展やってます。行きたいなあ〜。 | トップページ | アニタ・ユン(袁詠儀)はどこへ行った? »

2006年2月14日 (火)

エース・金山の「徹底検証!」 第23回フェブラリーステークス篇

シーキ~1.jpg

ディープインパクトの予想通り(!)の敗戦で
幕を閉じた2005年の競馬界。t
新しい2006年は、久々にG?が新設(ヴィクトリアマイル)
されるなど見所満載ですな(ホントか!?)

今年は久々にプラス予想にしたいなと、
心から思っております。t
今年もつたない予想でございますが、
よろしくお願い申し上げます。
t
さて、2006年最初のG?フェブラリーSです。
さっそく行ってみましょう。
t
ジャパンダートダービー、ダービーGP、ジャパンCダートと、
目下ダートG1、3連勝中のカネヒキリ。t
「ダートのディープインパクト」の名に恥じない成績で、
おそらくここでも1番人気は必至でしょう。t
しかし、気になるのはスタート地点が芝になっている
東京コースと、2歳時以来久々に経験するt
休養明けと言う点。東京ダート1600mはコーナーを
2回回る国内でも珍しい形態のコース。t
加えてスタート直後の芝・・・・。ダートの実績以上に
マイルの距離実績が重視されるフェブラリーSのt
現状からも、カネヒキリは絶対的な存在とは言い切れない。
その分ここでは割り引いて▲とする。
t
で、本命に推すのは◎シーキングザダイヤ。
G?での2着が6回(世界記録)と大舞台で勝ちきれないが、t
距離的にはマイルがベストのようだし、東京コースは
「左回りの鬼」といえるくらいの実績。t
ダートG1では7戦6連対の安定感が心強く、しかもしかも
鞍上はフェブラリーS最多勝のO・ペリエときては、t
こない方がおかしいほど。悲願のG?制覇は舞台が揃った
今回のレースで成し遂げてくれるだろう。
t
○に推すのはサンライズバッカス。ここで注目したのは4歳勢。
関西の前哨戦である平安Sでは、タガノゲルニカ、ヴァーミリアンが
ワンツーを決めた他、条件戦でも4歳勢の活躍が目立っていることから、t
世代間の実力比較ではアタマひとつ抜けている感も伺える。
そこで、面白そうなのが、前走の根岸Sではt
窮屈な競馬で実力を発揮できなかったサンライズバッカス。
出遅れるわ、行きたがるわでレース運びはうまくはないが、
闘争心旺盛で直線は必ず伸びてくる個性派。
ツボに嵌った時の破壊力はG?級といえるだろう。
直線の長い東京コースで持ち味を最大限に生かし、
昨年の武蔵野ステークスの再現とばかりにt
カネヒキリを押さえ込むシーンも期待できる。
鞍上には、根岸Sでタイキエニグマを2着に持ってきたt
柴田善騎手が予定されているのも大きな強み。
t
×には、タガノゲルニカ。未勝利から重賞までダート5戦5勝の
勢いが魅力。4歳勢の活躍を象徴する上がり馬。t
底を見せていないだけに、6連勝で一気にG?戴冠の場面も。

△の押えに、船橋の雄アジュディミツオー。
8歳馬ながらも侮れないタイムパラドックス。t
昨年のメイショウボーラーと同じ臨戦過程で参戦する
リミットレスビッド辺りまでか。t

t
■エース金山の馬券(三連単)
【赤のフォーメーションマークカード】

1着(シーキング、サンライズ、カネヒキリ)
2着(シーキング、サンライズ、カネヒキリ)
3着(シーキング、サンライズ、カネヒキリ、タガノ、アジュディ、タイム、リミット)

|

« 開高健記念館で特別展やってます。行きたいなあ〜。 | トップページ | アニタ・ユン(袁詠儀)はどこへ行った? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/10497279

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」 第23回フェブラリーステークス篇:

» susuのほんまに当たらん競馬予想 [susuのほんまに当たらん競馬予想]
今週末は、早くも今年最初のG1フェブラリーSがあります。 ちょうど同じ日に3歳ダートOPのヒヤシンスSがあり、我がPO馬フラムドパシオンが出走を予定しているので、天気がよければ、東京競馬場まで足を運ぼうかと予定しております。 さて、まず土曜日の重賞ですが、東京では、3歳牝馬のクイーンC(G3芝 1800M) ここには27頭も登録があり、更に抜けた存在の馬も見当たらず、予想は難解ですな。 一応、実績から人気になりそうなのは、前走、菜の花Sを快勝したコイウタ、 同じく菜の花Sをキャリア1戦で2着したルビーレジャンド、 その菜の花Sで1番人気を裏切ったアサヒサイジングの巻き返しはあるのか? 西からは、エルフィンSを圧倒的人気でこけたフサイチパンドラが登録してきました。 先週、アウステルが1番人気を裏切っているだけに、どうもフサイチの流れは悪いようで。。 同じエルフィンSからは、2番人気で4着だったシェルズレイあたりが、再び人気するかな。 久々組からは、阪神JF7着以来のアイスキューブ、ひまわり賞勝ち以来のミッキーコマンドの名前があります。 あれっ、ミッキーコマンドって、牝馬だったの?!。。。ずっと牡馬と勘違いしてたわ。 頑張ってほしいね九州産駒。 京都では、天皇賞(春)へ向けて京都記念(G2芝 2200M) 登録頭数は、14頭ですが、それなりに役者は揃いました。 なんと言っても注目は、香港帰りのシックスセンス。 今回は、鞍上に武豊を迎えて、どういったレースを見せてくれるか非常に楽しみ。 実績からは、菊花賞馬デルタブルース、重賞3勝のサクラセンチュリーあたりが人気か。 AJC杯で復活したシルクフェイマス、中山金杯で復活したヴィータローザ、 京都は走るマーブルチーフ、ひと叩きされたトウショウナイトなども怖い1頭か。 ビッグゴールドの名前もあるが、今回、更に人気ガタ落ちだろうから、そろそろ1発ある?! お久しぶりのミスティックエイジの名前もありますなあ。 京都新聞杯では、ハーツクライを差し置いて、1番人気に支持された馬。 さすがに1年9ヶ月ぶりなので、いきなりからは厳しいだろうが、その走りには注目。 そして日曜日は、東京でフェブラリーS(G1ダート 1600M) いやあ、それにしても豪華メンバーが揃いました。 軸選びも難しいが、相手を絞るのも更 [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 00時04分

» JRA未来予想図BLOG [JRA未来予想図BLOG]
今年もG1がやってきました。 【フェブラリーS】は例年にない豪華メンバー。 【新勢力馬】 【去年の覇者】 【過去のG1馬】 【3歳ダート王】 【短距離ダート実績馬】 【長距?? [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 14時03分

» 【競馬な時間 ?? 予想の下敷き】 [【競馬な時間 ?? 予想の下敷き】]
豪華メンバーの揃った、今年のフェブラリーS(東京ダート1600) [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 11時32分

« 開高健記念館で特別展やってます。行きたいなあ〜。 | トップページ | アニタ・ユン(袁詠儀)はどこへ行った? »