« 宣伝します。 | トップページ | 有馬記念終わる。 »

2005年12月23日 (金)

エース・金山の「徹底検証!」 第50回有馬記念篇

delta_blues.jpg

さてさて年末の風物詩、有馬記念(グランプリ)がやってまいりました。昨年は当たったけれど、今年はどうなることやら。

どこを見ても、たぶん大本命ガチガチのディープインパクト賛美の
記事が幅を利かすであろう師走の日本列島。
ひとりぐらいへそ曲がりがいても罰は当たらぬだろう。
強いのは強い。確かにそれは認めるが、
あまりにも話がうますぎてどうにもノレない。
「競馬に絶対はない」といまさらコブシを振り上げてみてもどうにもならぬが、
ここまで見せられてきた「小泉劇場」ならぬ「ディープ劇場」は、
「もしかして競馬に絶対があるのかも」と思わせるほどのインパクトであった。
しかし、老婆心ながらそれではいけない。
強い馬がさらに強くなるには挫折も必要だよ。
ここらあたりで一発世間の荒波を受けて、
一敗地にまみれてみるというのも来年約束されている独壇場を
さらに面白くするスパイスになっていいのではないか?

と、くだらないことをグダグダ書いてきたが、
要はディープインパクトを本命にしないということ。

何をどう書いても彼を本命にせざるをえないが、
ここは天の邪鬼となって◎を外します。
また基本的に今回はジャパンカップ組を低い評価とした。
驚異的なレコード決着となった激しいレースだっただけに
JC出走古馬陣は上がり目無しと見た。
体調充分でやってくる若い最強馬を負かすには、こちらも気合充分でなくちゃ。

そこで◎はデルタブルース。
昨年の菊花賞馬は約1年のブランクをものともせず前走復活した。
もともと血統的にも、叩き良化型のステイヤーという今では貴重な一頭。
ディープが苦しんだ弥生賞と菊花賞は、いずれもステイヤー血統の
アドマイヤジャパンが2着だったことを考えると、早めのスパートで
力の勝負に持ち込めればデルタブルースにも充分勝機ありと見た。
重馬場ならなおニンマリか。
しかも鞍上は有馬記念3連覇中のO・ペリエ。
ディープを脅かすならこの馬だろう。

○はディープインパクト。ま、いくらなんでも連を外すことは
考えられないので対抗は当然か。

▲はJC組だがタップダンスシチー。
秋の2走は本来の粘りが見られず、
わりと淡白な走りが気になるが、おかげでマークが薄くなっている
こういうレースこそ、この馬が怖い。
マイペースで逃げられそうな今回は、自分の形に持ち込んで
あっさり逃げてしまう場面もありうる。

久々の×印はスズカマンボ。
JC組の中でも今回が3走目ということもあって疲労度は低いだろう。

△1番手はハーツクライ。
JC2着でまたもG?を勝ちきれなかったという
印象も残るが、直線の脚は魅力的。東京コース向きとも思えるが、
宝塚記念2着・京都新聞杯勝ちの実績があり、右回りでも問題はなさそう。
ただ、JCの時にも書いたがあまり好きなタイプの馬ではない。

△2番手はゼンノロブロイ。
今回が引退レースとなるが、昨年の勢いは感じられない。
とはいえ着実に上位に食い込んではいるだけに、
押えざるをえないといったところか。
しかし、ディープの対抗馬として古馬陣の総大将とは言いづらい状況。
昨年のG?3連勝時のロブロイとディープの対戦が
見たかったというのがホントのところ。

てことで、今年もお読みくださいましてありがとうございました。
今年の勝率は例年にも増して低調でしたが(笑)、
来年は精進いたします。来年もよろしくお願い申し上げます。

|

« 宣伝します。 | トップページ | 有馬記念終わる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/10497293

この記事へのトラックバック一覧です: エース・金山の「徹底検証!」 第50回有馬記念篇:

» 栄光の競馬道ブログ [栄光の競馬道ブログ]
2005年12月11日以降のニッカンスポーツの競馬最新ニュースに載った2005年有馬記念関連ニュースです。 有馬記念予想にご利用下さい。 [続きを読む]

受信: 2005年12月24日 (土) 00時27分

» 宣帝紀〜しばふ〜のBLOG〜 [宣帝紀〜しばふ〜のBLOG〜]
泣いても笑っても最後のG1有馬記念。 注目は無敗の三冠馬・ディープインパクト。 対するは昨年の年度代表馬ゼンノロブロイ。 さて、穴馬が入り込む余地は有るのか? [続きを読む]

受信: 2005年12月24日 (土) 00時43分

« 宣伝します。 | トップページ | 有馬記念終わる。 »