« 日本シリーズ、その後。 | トップページ | 日本シリーズ、その後。 その2。 »

2005年10月30日 (日)

さっさと検証、第132回天皇賞(秋)

2005-1.jpg

初の天覧天皇賞となりましたが、松永幹夫の最敬礼が
妙に印象に残った秋の盾争奪戦。
ディープインパクトへの挑戦権は、どの馬が獲得?

かなりのスローペースになったおかげで、
荒れ荒れになっちゃいましたね。
一応印馬の成績を、

2着 ◎ゼンノロブロイ
9着 ▲タップダンスシチー
10着 △ホオキパウェーブ
12着 ○サンライズペガサス
13着 △スズカマンボ
14着 △テレグノシス

てことで、今回も惨敗。
荒れることはある程度分かっていたけれど
ヘブンリーロマンスとは。
って、春の天皇賞も同じこと書いてましたね。

ロブロイがキッチリと強い競馬を見せてくれたら
ディープとの初対戦も盛り上がったんでしょうけど、
これじゃあ、ちょっとねえ。
まあ、海外帰りの初戦だったし、
宝塚記念のように盾を単なるステップに使っただけかも。
にしても直線ではきちんと出てきたので
やはり打倒ディープの一番手はロブロイか。
あとはひねられそうだなあ・・・・。

|

« 日本シリーズ、その後。 | トップページ | 日本シリーズ、その後。 その2。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/10497297

この記事へのトラックバック一覧です: さっさと検証、第132回天皇賞(秋):

» from derby to derby [from derby to derby]
ディープインパクトトライアル第1戦の天皇賞・秋は、牝馬は牝馬でもなんと14番人気のヘヴンリーロマンスが勝利。2着にゼンノロブロイ。3着に昨年2着馬ダンスインザムード。 今回の天皇賞はハイペースになると読まれていたが、結果は1000m通過1分2秒もかかったスローペースになってしまった。 ヘヴンリーロマンスはこのスローペースの中、内で我慢しラストで脚を爆発させた。レースの上がりが33秒4なので、たぶん同じくらいか、もしくはそれ以上の脚を使ったのだろう。エリザベス女王杯はスローの直線勝負と、今日と似たレースになりやすいので、もし出走してくるとなればチャンスはある。なにはともあれ恐れ... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 18時17分

» 栄光の競馬道ブログ [栄光の競馬道ブログ]
●G1級 ゼンノロブロイ、スイープトウショウ ●G2級 アサクサデンエン、ダンスインザムード、テレグノシス、サンライズペガサス、バランスオブゲーム ●G3級 スズカマンボ、タップダンスシチー、ハーツクライ、アドマイヤグルーヴ、ヘヴンリーロマンス、リンカーン、ハットトリック、ホオキパウェーブ、メイショウカイドウ、ストーミーカフェ ●OP級 キングストレイル ※3ヶ月以上の休養明け馬はランクをひとつ下げています。 難解なレースは重賞メルマガの印通りに買う。 素晴らしいメンバーによる難解なレースになりました。 ここまで豪華な天皇賞(秋)は久しぶりじゃないでしょうか? 格付けランクからの天皇賞(秋)の推奨買い目は… [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 (月) 07時36分

« 日本シリーズ、その後。 | トップページ | 日本シリーズ、その後。 その2。 »