« エース・金山の「徹底検証!」 第55回安田記念(国際)篇 | トップページ | オーウェン、エプソムに現る。 »

2005年6月 5日 (日)

Vodafone Derby Stakesってエプソムダービーなのね。

ダービー.jpg

エプソムダービーは、どうやら今は「ボーダフォン・ダービー・ステークス」っていうのですね。スポンサーがついているのですねえ。日本だとさしづめ「NTTドコモダービー」ってなことになるのでしょうか。いやいや「ライブドア・ダービー」とか、「インボイス・ダービー」とか、「サントリー・ダービー」とかになったという感じでしょうか。

さてさて、注目の第226回エプソム・ダービーは、日本と同様無敗のダービー馬が誕生した。その名は「Motivator(モチヴェイター)」。どうやら彼も5馬身の差をつけ、勝ったようだ。

そのほかの注目馬の成績は、デットーリ騎乗のDubawiは3着。ファロン−オブライエンコンビが送り出したGypsy Kingは5着。2000ギニーを勝ったFootsteps in the sandは出走してなかったのですね。

しかし、映像が見たい。BBCのサイトもレースの映像だけは、「UK only」ときたもんだ。ケンタッキーダービーの公式サイトの充実ぶりに比べると、ちょっと見劣りしますなあ。公式サイトも結構しょぼい。残念。

今年の欧州競馬界は、とりあえずこのモチヴェイターを中心に回っていくのでしょうか? 5馬身差といえば完勝ということでしょうね。ブログ上でも話題になっていますが、ものすごいパフォーマンスだったようです。

ディープインパクトも、三冠なんか見切って欧州に行き、凱旋門賞で無敗のダービー馬対決なんてしてみたらいいのでは?JRAも考えてないのかなあ?

|

« エース・金山の「徹底検証!」 第55回安田記念(国際)篇 | トップページ | オーウェン、エプソムに現る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63637/10497349

この記事へのトラックバック一覧です: Vodafone Derby Stakesってエプソムダービーなのね。:

« エース・金山の「徹底検証!」 第55回安田記念(国際)篇 | トップページ | オーウェン、エプソムに現る。 »